安否確認システム 相互リンク

登録サイト募集中
カテゴリー
TOPリンク
[PR]
表彰状 感謝 感謝状 卒業証書 賞状テンプレート
安否確認システム 相互リンクとは?

あなたのサイトに相互リンクが設置されているか自動で確認し、相互リンクSeo-P-linkへ登録することができます。

安否確認システムニュース
高齢者安否確認:黒石市とヤマト運輸が契約−−全国初 /青森
1人暮らしの高齢者の孤独死をなくそうと黒石市(約3万6000人)は12日、大手宅配便業者のヤマト運輸(本社・東京都中央区)と全国初の安否確認事業の契約を結び、今月からサービスを開始する。  契約では、ヤマト側が、がん検診など健康に関する市の刊行物を月1回、市内の65歳以上の1人暮らしの約900人に戸別配達する。その際の高齢者の様子を同社のドライバーが市側に伝え、不在や不審な状況などの情報も報告する。事業費は年約200万円。  鳴海広道・同市長は「民生委員らでは手の回りかねるところを助けてもらう」と期待を寄せる。加藤佳之・同社東北支社長は「黒石はモデル。岩手県の釜石市など全国205の市町村から引き合いがある」と話し、「今後は買い物や病院の送迎などのサービスを組み合わせた安否確認とか、業界全体での取り組みを検討したい」と述べた。

ALSOK:高齢者の訪問確認、来月からサービス開始 /栃木
高齢化社会の安心・安全に一役買おうと、北関東綜合警備保障会社(ALSOK)は4月から「安心訪問サービス」を始める。離れて暮らす家族が電話で依頼すれば、係員が直接高齢者宅を訪問し、安否確認する。救急車の出動要請なども行う。訪問結果は家族に通知する。  1人暮らしや、離れて暮らす高齢者の家族などを対象に会員を募集している。機械警備契約をしていなくてもOKだ。  登録料は年間1050円で、出動料金は1時間3150円。追加料金は30分ごとに2100円。同社は北関東エリアに50を超える拠点があり、係員は普通救命講習を修了しているため、体調不良などの緊急事態にも対応できるという。24時間体制。

安否確認wiki賞状 wikiより抜粋
相互リンク利用規約

あなたのサイトに相互リンクが設置されているか自動で確認し、安否確認システム 相互リンクへ登録することができます。
そのため、安否確認システム 相互リンクへ登録するためには相互リンク必須となっております。
あなたのサイトへ下記のリンクタグを設置後、新規ホームページ登録から登録申請下さい。

<a href="http://free-bunrei.com/" target="_blank">安否確認システム</a>

 

※お願い:
リンク設置ページは、トップページまたはトップページから1クリック以内限定
リンク設置ページのグーグル・ページランクは、1以上から登録可能です。

リンク集ページにリンクされる場合は、P-linkシステム上トップページから1階層目迄に制限(TOPページから1クリックで行けるリンクページ)されておりますのでご注意下さい。
2階層目以降ですと登録する事ができません。

【利用規約:下記のサイトの登録はご遠慮ください】
アダルトサイトや出会い系、ギャンブルサイト
犯罪や反社会的行為に結びつく内容や、第三者を中傷、誹謗、プライバシー侵害している
その他、不適切と判断したものは、相互リンク登録後も削除させていただく場合がありますのでご了承ください。

本日の注目サイト1件
新着サイト10件
管理